私たちはお客様のマイホームの夢へ常に寄り添い、
共感するエージェントです

みんなのお家は、不動産先進国であるアメリカのエージェント制度をモデルにした、お客様の利益を最優先に考えて行動する、新しいスタイルの不動産売買仲介です。 お客様の利益を最優先で考える物件選びや価格交渉、更に安全で安心の取引ができるようなホームインスペクション(建物診断)などを取り入れた新しい売買仲介スタイルです。

相談しづらい住宅ローンや、お金のコト、具体的な物件や流れなど、普段のお悩み事を『匿名』でご相談できます。常に気軽に何でも相談できるコトはもちろん、お客様のマイホームへの夢へ常に寄り添い、共感するエージェントであり続けることを目標にしています。

安価

どこよりもオトクに購入!
『安価』な理由

  • 仲介手数料が最大50%オフ!!
  • 最大限までの価格交渉を実施!
  • 価値が下がりにくい物件を選定
詳しく見る

安全

様々なリスクを
しっかり排除!
『安全』な理由

  • 簡易ホームインスペクションを実施
  • 瑕疵担保保険など保険のご紹介
  • 地盤やハザードマップ、周辺調査の徹底
詳しく見る

安心

徹底的にあなたのミカタ!
『安心』な理由

  • 常に匿名で相談OK・相談無料
  • 当社は利益重視の営業は致しません。
  • しつこい営業はする必要無し!
詳しく見る

安価

なぜ、仲介手数料が最大50%オフに出来るのか!?

anka

当社の一つ目の『安』は『安価』の『安』です。不動産を購入する際、大きな出費の一つが仲介手数料になります。不動産仲介手数料は通常物件金額の(3%+6万円)×消費税となります。【例:3000万の物件→約100万円強!】
当社ではこの不動産仲介手数料が最大で50%オフとなります。なぜこの仲介手数料が50%オフに出来るのかを知る事が不動産仲介の仕組みや裏側を知る事につながります。そしてその他にも重要なのは、価値の下がりにくい物件を選定し購入する事、最後のギリギリまで価格交渉を行う事が挙げられます。当社では、価値のあるものを他社よりもオトクにご購入頂ける事を目標にしております。

当社では最大仲介手数料50%オフ!

主に新築戸建て、リノベーションマンションなど売主が業者の場合、売主側から仲介手数料を頂ける為、仲介手数料が50%オフになります。(売主側と買主側で分かれる場合にも仲介手数料の総額から5%を割り引きしております。)

なぜ?仲介手数料が50%オフになるのか?!

日本の不動産仲介は両手取引という双方から仲介手数料を頂く取引が主流です。ですが、これは利益相反に当たるとしアメリカでは禁止されていることです。このような取引を行うと、どうしても儲かる両手取引を中心に物件を進めるなど業者の利益を中心とした考え方になっていってしまいます。当社では原則、売主から仲介手数料が頂ける場合は、買主のお客様からは頂かない形をとっております。

最大限まで価格交渉を実施!

anka3

当社では、売主に対し物件の価格交渉を最大限まで行います。更に、物件の引き渡し時期や残置物や内装の工事費用の負担有無など、交渉出来る部分は全てお客様の利益が最大化できるように交渉を行います。

価値が下がりにくい物件を選定!

anka4

リセールバリューという言葉はご存知ですか?新築マンションなどをご購入から、予想もしていない転勤などでご売却をされる時、ほとんどの方がローン残高を大きく下回ります。当社は、お客様がご売却をされる時、少しでも価格が維持出来る物件(リセールバリューが高い物件)をお勧めしております。

過去の販売事例をお見せします!

anka5

当社では、ご購入物件の周辺にある販売事例を積極的にお見せしております。もし、同じマンションなどの販売事例があれば過去全ての履歴をお見せしております。そうすることで、過去からの推移をご理解頂き、今が安いのか高いのかもお分かり頂けます。

安全

ホームインスペクション(住宅診断)ご存知ですか?

anzen

二つ目の『安』は『安全』の『安』です。不動産を購入する上で、安全に購入する事は絶対です。
ホームインスペクションとはいわゆる住宅診断を指します。住宅購入の上で、住宅の性能や耐震性チェックはもちろんですが、シロアリや構造の問題、クラック等の割れからの雨漏り、配管からの水漏れ被害等のリスクヘッジも必要です。
新築の場合でも物件ごとに施行の不具合により、壁の亀裂や傾きが後程分かるケースもあります。そういったリスクを保険やホームインスペクションにより事前に徹底的に排除するのが私たちの仕事です。
(宅地建物取引業の改正案が成立したことで、2018年4月から中古住宅取引の際に宅地建物取引業を営む企業にホームインスペクションの斡旋の可否が義務付けられました。)

anzen1

なぜ?ホームインスペクションが必要なのか?

anzen2

日本の気候は湿気が強いため、木材を中心とした建築物は不具合を多く発生します。主に水気からの問題が多く、雨漏りやシロアリ被害等が挙げられます。中古のマンションでは配管のトラブルなども挙げられます。その他、地震や施工状態の悪さによる亀裂や傾きも存在します。

瑕疵担保保険のご紹介!

anzen3

「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」(住宅瑕疵担保履行法)に基づき、新築住宅を引き渡した建設業者及び宅地建物取引業者は、住宅品質確保法で定める10年間の瑕疵担保責任を確実に行うための資力確保措置(保証金の供託又は保険への加入)を講じることが義務付けられています。
したがって、新築戸建であれば通常10年が標準で付保されておりますが、中古の場合は通常3か月が目安となっており、それ以降の不具合は原則、問題が生じれば購入者が負担することになります。中古不動産を購入する際は、瑕疵担保保険に加入する事をお勧めしております。

瑕疵担保保険の流れは?

anzen4

不動産を購入する前にまず、瑕疵担保保険の有無を確認します。加入が必要の際は、まずホームインスペクター(専門家)による検査が必要です。その後、付保出来る物件であれば、検査から保証まで含め、約6万~12万、マンションでは5万~10万程度の費用がかかります。(保証期間は1年~5年)

地盤やハザードマップ調査の徹底

anzen5

地盤やハザードマップは詳細までご説明致します。地盤は同じ開発分譲のエリアのような狭いエリアでも『切り土』『盛り土』等により、土地の安全性に違いが出る場合があります。また、土地の状態によっては地盤改良工事が必要な場合もあります。その他、集中豪雨による地滑りや河川の氾濫の危険性もあります。

周辺調査も徹底

anzen6

周辺調査は必ず行います。昔によくあった、悪徳業者によるあからさまな事故隠しなどは減りましたが、購入時からの周辺の環境によって生活環境が一変する場合が多くあります。その為、調査は生活圏にある店舗や施設はもちろん、臭気や振動等まで、現状のチェックを行ってからご検討を頂くことにしております。

安心

匿名でいつでも相談OK!

anshin

三つ目の『安』は『安心』の『安』です。当社は常に『匿名』でお受けしており、最初に住所やお電話番号などを伺う事はまずありません。不動産会社に入りたくない理由№1が『しつこい営業』です。当社では、しつこい営業は一切行いません。当社の仲介構造は、他社と違い全国の全ての不動産情報を取り扱う事が出来るため、特定の物件をお勧めする事はありません。まさにお客様の立場に立って、お客様にベストな物件をエージェントとして探しにいくという営業スタイルです。通常、売却依頼された物件は、条件が悪くても売り抜く技術が必要だと言われます。当社ではそのような事は一切無いため、自ずとお客様に寄り添うことが自然と出来る構造になります。また、特定の自社が儲かる物件がある訳ではありませんから、全ての物件を恣意的に選ぶことなく、押しなべてご紹介する事が可能となります。
ですが、当然ながら当社の利益は原則、他社の半分となります。当社ではご紹介等が中心となっており、更にチラシやダイレクトメール等のコストカットを中心に経費を圧縮する事などで成り立っております。

匿名でいつでも相談OK!

anshin1

当社では初回で住所やお電話番号を伺う事はまずありません。ショッピングセンター内にあり、いつでも相談が出来ますのでお買い物のついでにお気軽にご来店ください。当然ですが、相談料もかかりません。

住宅ローンもお気軽にご相談ください!

anshin2

お名前やご住所などもお伺いすることもありませんから、住宅ローンが組めるのか?など普段から気になっている事もお気軽にお問い合わせください!
『年収250万』『パート勤務』『転職3ヶ月』
『自営業で赤字決算』『消費者金融』『お買い替え』
など住宅ローンアドバイザーにお任せください!

当社の仲介構造は安心構造

anshin3

通常、不動産業界では両手と呼ばれる二重に儲かる物件を中心にご案内するのがよくあることです。しかし、そうする事で業者が儲かる物件に偏ったご案内になってしまう恐れがあります。当社の仲介はそのような事が起きないよう、全ての物件を平等に取り扱えるような構造自体にも仕組みがあります。

全国ほぼ全ての物件が検索可能です!

anshin4

業者専用サイト不動産流通機構(レインズ)は全国ほぼ全ての物件が検索できます。通常不動産の売却を行う際は不動産のプロである宅建業者に仲介を依頼します。(依頼者と専属又は専任契約)その後、業者はレインズに物件情報を登録する義務が課せられます。これは宅建業法で規定されています。

しつこい営業する必要無し!

anshin5

しつこい営業とはなぜ行う必要があるのでしょうか?それは『売れないものを売る』という悪い仕組みがあり、利益を追求する為です。そして、特定の物件を売る任務も与えられます。当社は、『購入する必要がある時に、ベストな物件を一緒にお探しする』スタンスです。その為しつこい営業をする必要が無いのです。

我々は共感するエージェントを目指します!

anshin6

良い仕組みがその具現化を強く支えます。
当社の方針は『お客様のマイホームへの夢へ常に寄り添い、共感するエージェント』です。
この方針を単なる精神的な方針とするのではなく、偏った案内をしなくて良い安心の仲介構造、エージェント制、ノルマの排除、など当社の良い仕組みも、その具現化を強く支えます。

来店予約 LINE@

お電話でのお問い合わせ

0120-1414-20

[営業時間:10~19時(水曜定休)]
その他ショッピングセンターの休業日に準じます。年末年始のみ一部休業日あり

来店予約 LINE@
ページトップ